伊勢神宮 内宮

伊勢信仰の中心となる日本国民の総氏神

伊勢の神宮の2つの正宮のうちの1つで、正式には皇大神宮(こうたいじんぐう)と呼ばれる。日本全国の神社で授与される神宮大麻は、皇大神宮の神札。

祭神

天照坐皇大御神

社格

式内社

所在地

三重県伊勢市宇治館町

神嘗祭

10月15日~

主な祭典と催し

祈年祭:2月17日
神御衣祭:5月14日・10月14日
新嘗祭:11月23日~
神楽祭:4月28日~4月30日 9月22日~9月24日

歴史

宮中に祀られていた天照坐皇大御神を、崇神天皇6年、笠縫邑に移し豊鍬入姫命に祀らた。垂仁天皇25年、倭姫命が後を継ぎ、垂仁天皇26年、伊勢のこの地にたどりついた。



近隣のおすすめ宿泊施設(楽天トラベル)検索

神宮会館
近鉄 宇治山田駅より内宮前行バスにて約15分
伊勢神宮(内宮)に徒歩5分。おかげ横丁も目の前。毎朝6時半より職員による参拝案内も実施しております。

チェックイン     宿泊人数 
チェックアウト