伊勢神宮 外宮

伊勢神宮の2つの正宮のうちの1つである食物の神

伊勢の神宮の2つの正宮のうちの1つで、正式には豊受大神宮(とようけだいじんぐう)と呼ばれる。両宮を参拝する際は外宮を参拝した後に内宮へ参るのがしきたり。

祭神

豊受大御神

社格

式内社

所在地

三重県伊勢市豊川町

神嘗祭

10月15日~

主な祭典と催し

祈年祭:2月17日
神御衣祭:5月14日・10月14日
新嘗祭:11月23日~

歴史

雄略天皇の夢枕に天照大神が現れ、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比沼真奈井にいる等由気大神を近くに呼び寄せなさい」とお告げがあった。このお告げを受け、雄略天皇22年7月7日、内宮に近い「伊勢国度会の郡、沼木の郷、山田の原」の地に祀った。



近隣のおすすめ宿泊施設(楽天トラベル)検索

つるや<三重県>
JR参宮線・近鉄伊勢志摩線「伊勢市駅」より徒歩5分 / 伊勢自動車道 伊勢西ICより5分
伊勢神宮【外宮さん】に一番近い宿。一日六組限定の小さな家族旅館(主人自ら調理します)です。

チェックイン     宿泊人数 
チェックアウト