春日大社

藤原氏の氏神を祀る春日神社の総本社

武甕槌命が白鹿に乗ってきたことから、鹿を神使としている。春日祭は、賀茂神社の葵祭、石清水八幡宮の石清水祭とともに三勅祭の一つ。興福寺との関係が深く、その本尊の不空絹索観音が、祭神・武甕槌命の本地仏とされた。

祭神

春日神(かすがのかみ)

社格

式内社(名神大社)・二十二社(上七社)の一社・官幣大社

所在地

奈良県奈良市春日野町

例祭

3月13日

歴史

768年(神護景雲2年)、藤原永手が鹿島の武甕槌命、香取の経津主命と、枚岡神社に祀られていた天児屋根命・比売神を併せ、御蓋山の麓に社殿を造営したことにはじまる。



近隣のおすすめ宿泊施設(楽天トラベル)検索

ザ・ディアパークイン
近鉄 奈良駅より徒歩にて約25分。又はバスに乗車しバス停「春日大社本殿」下車し、徒歩にて約5分(奈良公園内)
奈良公園内という最高のロケーション。世界遺産に鹿が遊ぶ自然の中、世界中の旅人が出会うゲストハウス。

チェックイン     宿泊人数 
チェックアウト