鹿児島神宮

山幸彦を祀る神社

神武天皇の時に天津日高彦穗穗出見尊の宮殿であった高千穂宮を神社とした。欽明天皇の代に八幡神が垂迹したとも言われ、正八幡と呼ぶ。

祭神

天津日高彦穂々出見尊
豊玉比売命
【相殿神】帯中比子尊(仲哀天皇)・息長帯比売命(神功皇后)・品陀和気尊(応神天皇)・中比売尊(応神天皇の皇后)・太伯(句呉の祖)

社格

式内社(大社)・大隅国一宮・官幣大社

所在地

鹿児島県霧島市隼人町

例祭

旧暦8月15日

歴史

神武天皇の時に天津日高彦穗穗出見尊の宮殿であった高千穂宮を神社とした。社の北西13kmの地点に、穗穗出見尊の御陵・高屋山陵がある。



近隣のおすすめ宿泊施設(楽天トラベル)検索

ステーションホテル隼人
JR肥薩線 隼人駅より徒歩約3分。鹿児島空港より車で約25分。
ビジネスユースに最適な立地!駅近、コンビニまで徒歩3分♪

チェックイン     宿泊人数 
チェックアウト