飛騨一宮水無神社

飛騨国一宮

第二次世界大戦末期の空襲や終戦直後の混乱を避けるため、熱田神宮の御神体(天叢雲剣)が一時期疎開。これを御動座と言う。

祭神

以下の15柱を水無大神(みなしのおおかみ)と総称
主祭神)御歳大神(水無神)
配神)大己貴命・三穗津姫命・応神天皇・高降姫命・神武天皇・須沼比命・天火明命・少彦名命・高照光姫命・天熊人命・天照皇大神・豊受姫大神・大歳神・大八椅命

社格

式内社・飛騨国一宮・国幣小社

所在地

岐阜県高山市一之宮町

例祭

5月2日

歴史

創立鎮座の年代は神代にありと伝わるが、詳しい事は定かではない。



近隣のおすすめ宿泊施設(楽天トラベル)検索

飛騨高山の宿 山里体験の宿 民宿 すみれ荘
飛騨一ノ宮駅/東海北陸道 清見インターから中部縦貫道に乗り換え高山インターを下車 R41車で10分
家庭的、自然の食材で季節を味わって頂く、山菜取りも体験可。飛騨高山、白川郷の観光にも最適。

チェックイン     宿泊人数 
チェックアウト