カグツチ

記紀神話における火の神

別称

火之夜藝速男神(ひのやぎはやを)・火之炫毘古神(ひのかかびこ)・火之迦具土神(ひのかぐつち)・軻遇突智(かぐつち)・火産霊(ほむすび)

系譜

イザナギとイザナミとの間に生まれた。カグツチの血から、石折神・根折神・石筒之男神・甕速日神・樋速日神・建御雷之男神・闇淤加美神・闇御津羽神が生まれ、死体から正鹿山津見神・淤縢山津見神・奥山津見神・闇山津見神・志藝山津見神・羽山津見神・原山津見神・戸山津見神が生まれた。

神話

神産みにおいてイザナギとイザナミとの間に生まれたが、出産時にイザナミは陰部に火傷を負い、死んでしまう。そのことに怒ったイザナギに殺された。

信仰

火の神・鍛冶の神

古事記(火之夜藝速男神・火之炫毘古神・火之迦具土神)

神々の生成

  • 生まれたことにより、伊耶那美を焼き殺してしまった。

黄泉の国

  • 妻を失ったことに怒った父神・伊耶那岐により、天の尾羽張(伊都の尾羽張)という刀で首をはねられた。
  • 刀についた血から8神、死体から8神が生まれた。