神棚の祀り方

神棚を選ぶことから始まる神との対話

神棚には、神社で頒布される伊勢神宮の御神札(神宮大麻・じんぐうたいま)と氏神様、崇敬する神社の御神札をおまつりすることが一般的。神棚の祀り方は、まず棚板の上に御神札や御神体を納める宮形をのせるが、宮形にも様々なかたちのものが販売されており、祭祀形態に応じて選ぶ必要がある。

神棚 一社宮一社宮
扉の数が1つの神棚・一社宮。中に神宮大麻などの御神札や御神体をお祀りする。伊勢神宮を模した神明型のものが多い。一般的な形態の神棚。

神棚 三社宮三社宮
扉の数が3つの神棚・三社宮は、屋根違い三社や、通し屋根三社がある。真中に神宮大麻、向かって右側に氏神様、左側には崇敬する神様をお祀りするのが一般的。

神棚 五社宮五社宮
扉の数が5つの神棚・五社宮は、五柱の神さまをお祀りできる。外側の社にも崇敬する神様をお祀りするが、向かって右側の方が上位になる。

神棚 七社宮七社宮
扉の数が7つの神棚・七社宮は、七柱の神さまをお祀りできる。内側の神様ほど位が上がり、さらに向かって右側の方が上位になる。

神棚 箱組箱組
屋根を除いた形で、箱組になってすっきりと祀ることのできる宮形。この神棚も、一社、三社と祀ることのできるものがある。

神棚 茅葺茅葺
茅葺屋根は、竪穴式住居にも使われていた、太古からの屋根葺工法。現在でも、伊勢神宮をはじめとして、全国各地の神社に採用されているものを神棚に。

神棚 桧皮葺桧皮葺
桧皮葺は、日本古来の屋根葺工法で、最も格式が高いとされる。虫がつきにくいのも特徴。出雲大社などに使われている。

神棚 出雲出雲
オオクニヌシをはじめとする出雲系の神々を祀るなら、切妻造りの神棚。出雲大社拝殿を模したものが販売されている。

神棚 八幡八幡
宇佐神宮を総本社とする八幡さんは、八幡造の神棚を。八幡宮には、応神天皇を主神として、八幡三神と呼ばれる三柱の神が祀られている。

神棚 稲荷稲荷
神棚に一社用を用い、他の神様と一緒にお祀りしてはならないお稲荷さん。神具もお稲荷さんには特別のものを準備する。 → 稲荷神具

神棚に神様をお迎えするため神具をそろえよう

棚板
宮形をのせる棚板は、部屋の大きさと、宮形の大きさを考慮して選ぼう。雲板のついているものもある。

雲板
高みにおられる神様だから、階上がある場合や、上に物がある場合は、雲板を置かなければならない。

注連縄
結界の役割を持つしめ縄は、一般的には太い方をを右にする左末右本だが、出雲大社などは左本右末。

榊立
神の宿る木「榊」は、神棚の左右に一対必要。榊を青々と保つことは、栄えにつながる。

瓶子
御神酒を入れる瓶子は、神棚の左右に一対必要。蓋はそなえてから開け、下げるときにまた閉める。

平皿
塩などを入れる平皿。おあずけする神饌の量によって、必要な枚数を準備しなければならない。

高坏
米を盛る高坏。おあずけする神饌の量によって、必要な枚数を準備しなければならない。

水玉
水を入れる水玉をひとつそろえる。蓋はそなえてから開け、下げるときにまた閉める。

神灯
神前を灯すために左右に一対。蠟燭立てでもよいが、安全性を考慮するなら灯篭型が良い。

三方
神饌を盛った土器類をのせる。通常は、1台か3台用意し、縁の継ぎ目は手前に向ける。


神棚 神鏡神鏡
太陽を象徴する鏡は、太陽神である天照大神の依代でもある。神様の目標として使用する。

神棚 真榊真榊
天石窟の五百津真賢木が由来。左側に剣を掛けたもの、右側に鏡と勾玉を掛けたものを立てる。

神棚 狛犬狛犬
神域を守る守護。向かって右側に口を開けた阿形の獅子、左側に口を閉じた吽形の狛犬を置く。