アヂスキタカヒコネ

古事記で「大御神」と呼ばれている神

別称

阿遅鉏高日子根神・阿遅志貴高日子根神・阿治志貴高日子根神・阿遅須枳高日子・阿遅鋤高日子根神・味耜高彦根命・迦毛大御神・賀茂別雷命

系譜

オオクニヌシタキリビメの間の子。

信仰

農業の神・雷の神・不動産業の神。

主な神社

高鴨神社
賀茂別雷神社

古事記(阿遅鉏高日子根・阿遲志貴高日子根)

系譜

天若日子

  • 天命に背いて大國主側についたため殺された天若日子の葬式に出向いた折、その容姿がうりふたつだったため、天若日子の父母に「死んではいなかった」と言ってすがりつかれた。
  • 汚らわしい死人と一緒にされたことに腹を立て、大量(神度の劒)という名の大刀で喪屋を切り倒し、蹴り飛ばしてしまった。それは、美濃の國の藍見河の河上なる喪山だとされている。
  • 同母妹の高比賣の命が、歌でその名を明かした。

    天なるや 弟棚機の うながせる 玉の御統 御統に あな玉はや み谷ふたわたらす 阿遲志貴高日子根の神ぞ