アマテラス

天皇家につながる日本国民の総氏神

別称

天照大御神(あまてらすおおみかみ)・天照大神(あまてらすおおかみ、あまてらすおおみかみ)・大日孁貴神(おおひるめのむちのかみ・大日女尊(おおひるめのみこと)・大日霊(おおひるめ)・大日女・日神・撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ)・天疎向津姫命(あまざかるむかつひめのみこと)・天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)・皇大御神(すめおおみかみ)・天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)

系譜

イザナギが阿波岐原で禊を行った際に左目から生まれた、三貴神の第一神。高天原の統治を委託された。

神話

スサノオの粗暴のために岩戸に籠った天岩戸神話が特に有名。

信仰

三種の神器のうちの一つ八咫鏡を御神体とする伊勢神宮内宮を総本社とする神明神社を中心に、全国に広く祀られる。

主な神社

伊勢神宮内宮(皇大神宮)

古事記(天照大御神)

身禊

  • 黄泉の国から逃げ帰った伊耶那岐が、竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原で身禊を行った時、月讀建速須佐男とともに生まれた。天照大御神は、最初に左目を洗ったときに生まれた。
  • 伊耶那岐に「高天の原を治めよ」と言われて従った。

誓約

  • 助けを請うために高天の原を訪れた建速須佐男に疑念を抱いたが、建速須佐男が証しをたてると言ったため、誓約を行った。
  • 誓約はまず、天照大御神が建速須佐男の剣をもとに宗像三女神を生んだ。次に建速須佐男は、天照大御神の珠をもとに五柱の男神を生んだ。天照大御神は、五柱の男子は自らの子、三女神は建速須佐男の子であると言った。

天の岩戸

  • 誓約の結果を受け勝利宣言した建速須佐男の暴力のために、天の衣織女が死んだのを受けて、天照大御神は天の石屋戸に籠った。
  • 世界が暗くなったため、八百万の神は集って一計を案じた。怪しいと思った天照大御神が天の石屋戸を開けたところに鏡を指し出し、おかしいと思って踏み出したところを、手力男の神が引っ張り出した。

八俣の大蛇

  • 高天の原を追放された建速須佐男であったが、八俣の大蛇の中の尾から取り出した都牟羽の大刀(草薙の大刀)を贈ってきた。

天若日子

  • 大國主が治めている豐葦原の千秋の長五百秋の水穗の國は、我が子・正勝吾勝勝速日天の忍穗耳の命の統治する国だと言って天降させたが、途中で、その国はたいそう騒がしいと言って帰ってきてしまった。
  • 八百万の神を集めて協議し、荒ぶる神々を平定するために天の菩比を遣わせたが、3年たっても帰らなかった。
  • 帰ってこない天の菩比に代って誰を遣わせたらいいか尋ねると、思金の神が、天若日子がいいと言ったので送り出したが、8年たっても帰ってこなかった。
  • 再び誰を遣わせたらいいか尋ねると、思金の神が、雉子名鳴女と言ったので送り出すと、天若日子に射殺されてしまった。

国譲り

  • また、誰を遣わせたらいいか尋ねると、思金の神や諸神が、伊都の尾羽張の神か建御雷の男の神がいいと言った。伊都の尾羽張の神は辞退したので、その子・建御雷の男の神に天の鳥船の神を副えて遣わし、葦原の中つ国を平定した。

天降