アメノオシホミミ

アマテラスの勾玉から生まれた皇族の祖

別称

正勝吾勝勝速日天忍穂耳命・正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命・正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊・正哉吾勝々速日天押穂耳尊

系譜

アマテラススサノオの誓約の際、アマテラスの勾玉から生まれた五皇子の長男。ヨロヅハタトヨアキツシヒメとの間にアメノホアカリとニニギをもうけた。

神話

アマテラスから、天降って葦原中国を治めるよう命令されるが、下界は騒がしいと言って、途中で引き返す。タケミカヅチらによって国譲りがなされると、アメノオシホミミは、息子のニニギに行かせるようにと進言した。

信仰

稲穂の神・農業神

古事記(正勝吾勝勝速日天忍穂耳命・正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命)

誓約

  • 天照大御神建速須佐男の誓約において生まれた五男神の長男。天照大御神の左の御髻にまいた八尺の勾珠の五百津の御統の珠を、建速須佐男が、天の眞名井ですすいで噛んで、霧のように吹いた中に生まれた。
  • 天照大御神は、「自分の勾玉から生まれたのだから自分の子だ」と言った。

天若日子

  • 天照大御神は、「大國主が治めている豐葦原の千秋の長五百秋の水穗の國は、正勝吾勝勝速日天の忍穗耳命の統治する国だ」と言って天降させたが、途中で、その国はたいそう騒がしいと言って帰ってきてしまった。

天降