ホホデミ

山幸彦として知られる初代神武天皇の祖父

別称

火遠理命(ほおりのみこと)・彦火火出見尊・日子穂穂手見命(ひこほほでみのみこと)・虚空津日高(そらつひこ・天津日高日子穂穂手見命(あまつひこたかひこほほでみのみこと)・山幸彦(やまさちひこ)

系譜

日子番能邇邇藝命(ひこほのににぎのみこと)と木花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ)の三男。大綿津見神の娘のトヨタマビメ(豊玉毘売)を妻とし、日子波限建鵜葺草葺不合命(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)をもうけた。高千穂宮で伍佰捌拾歳(580年)で亡くなった。埋葬地は、鹿児島県霧島市にある「高屋山上陵」。

神話

兄である海幸彦との神話は「海幸山幸」として有名。

信仰

稲穂の神、穀物の神。

主な神社

鹿児島神宮