イチキシマヒメ

宗像三女神の一柱であり弁才天に比定される神

別称

イツキシマヒメ・市寸島比売命・市杵嶋姫命・狭依毘売命・中津島姫命・瀛津嶋姫(オキツシマヒメ)

系譜

アマテラススサノオの誓約により生まれた。

神話

アマテラスとスサノオが、天真名井で行った誓約の際に、アマテラスがスサノオの剣を噛んで吹き出した霧から生まれた三女神の一柱。これによりスサノオは、「我が心清く明し。故れ、我が生める子は、手弱女を得つ。」と勝利を宣言した。

信仰

水の神。

主な神社

宗像大社(辺津宮)

古事記(市寸島比売命・狭依毘売命)

誓約

  • 天照大御神建速須佐男の誓約において、天照大御神が建速須佐男の十拳の剣を噛んで吹いた息吹の中に、多紀理毘売命に続いて生まれた。
  • 天照大御神は、建速須佐男の物から生まれたので、建速須佐男の子だとした。
  • 宗像の君等により祀られている三前の大神の一柱として、宗像の中津宮に鎮座している。