イタケル

天孫とのつながりが深い山を司る神

別称

五十猛神(イソタケル)・大屋毘古神(オホヤビコ)・射楯神(いたてのかみ)

系譜

スサノオの子

神話

スサノオとともに新羅曽尸茂梨に天降り、スサノオがその地を好まなかったので、一緒に埴土船で渡って出雲斐伊川上の鳥上峯に至った。

信仰

林業の神・造船の神・航海安全の神・大漁の神・商売繁盛・開運招福・悪疫退散・厄除け

主な神社