カミムスヒ

造化三神の一 カミムスヒ

別称

カミムスビ・カムムスビ・神産巣日神・神皇産霊尊・神魂命

系譜

天地開闢の時、天之御中主神・高皇産霊神の次に高天原に出現した独神。少彦名神は子神。

神話

兄神らによって殺された大国主を蘇生させた神。

信仰

主な神社

神魂伊能知奴志神社

古事記(神産巣日神・神産巣日命・神産巣日御祖命)

天地のはじめ

  • 天地のはじまりに天御中主神・高御産巣日神の次に生まれ、身を隠した。

蚕と穀物の種

キサ貝比賣と蛤貝比賣

  • 大國主の御祖の命の願いを聞き入れ、大國主をよみがえらせるためにキサ貝比賣と蛤貝比賣を派遣した。

少名毘古那の神

  • 大國主が美保岬にいた時に出会った少名毘古那のことを調べている時、「手の隙間から漏れ落ちてしまった我が子だ。大國主と兄弟になって国を作りかためよ」と言った。

国譲り

  • 大國主が天孫に国を譲る時、料理人となった櫛八玉神が火を起こし、「高天原のカミムスヒの新居の煤が長く垂れてくるまで仕える」と言った。