コノハナノサクヤビメ

富士山に鎮座する女神

別称

木花咲耶姫・木花之佐久夜毘売・木花開耶姫・コノハナサクヤヒメ・サクヤビメ・神阿多都比売(カムアタツヒメ)・鹿葦津姫・葦津姫(カヤツヒメ)・浅間大神・酒解子神

系譜

オオヤマツミの娘。天孫ニニギの妻となり、ホデリ(海幸彦)・ホスセリ・ホオリ(山幸彦:天皇の祖)を生んだ。

神話

日向に降臨したニニギノミコトに求婚され、父のオオヤマツミは、姉のイワナガヒメと共に差し出した。しかし、ニニギノミコトは醜いイワナガヒメを送り返し、美しいコノハナノサクヤビメとだけ結婚した。オオヤマツミは、イワナガヒメを妻にすれば天津神の御子の命は岩のように永遠のものとなり、コノハナノサクヤビメを妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約を立てたことを明かした。ゆえに、天皇にも寿命があるのである。
また、ニニギに一夜で身籠ったことを疑われたために、火中で三柱の子を産んだ。

信仰

火の神・水の神・妻の守護神・安産の神・子育ての神・酒造の神

主な神社

富士山本宮浅間大社

古事記(木花之佐久夜毘売・神阿多都比売)

木花之佐久夜毘売

  • 天孫邇邇藝と笠紗の岬で会い、求婚された。
  • 父神・大山津見が結婚を許し、姉・石長比売とともに嫁ぎ、一夜をともにした。
  • 追い返され自殺した石長比売に触れ、大山津見は、石長比売は天つ神の御子の永久の命を、木花之佐久夜毘売はその栄を祈念して嫁がせたことを明かし、「命は木の花のように短いだろう」と告げた。
  • 御子を孕み産む時になり邇邇藝を訪ねると、「一晩で孕んだ子は自分の子ではなく、国つ神の子だろう」と言われた。
  • 「もし国つ神の子なら産む時に不幸が訪れ、邇邇藝の子なら無事に産まれる」と告げ、戸のない御殿に閉じ籠り、火をつけた。
  • 火の盛りに燃える中に、火照の命、火須勢理の命、火遠理の命を生んだ。