コトシロヌシ

えびす様と同一視される神

別称

言代主神・八重言代主神・八重事代主神(ヤエコトシロヌシ)

系譜

オオクニヌシとカムヤタテヒメとの間に生まれた。

神話

葦原中国平定において、タケミカヅチらがオオクニヌシに国譲りを迫った時、それを委任されたコトシロヌシは、国譲りを承知して海中に隠れ去った。

信仰

「コトシロ」は「言知る」の意で、託宣を司る神。海の神・五穀豊穣商売繁盛の神ともされる。

主な神社

美保神社
三嶋大社

古事記(事代主・八重言代主)

系譜

  • 大國主と神屋楯比賣の命の子として生まれた。

国譲り

  • 天照大御神に送り込まれた建御雷の男の神と天の鳥船の神に、国を明け渡すように迫られた大國主は、八重言代主が返答すると言った。
  • 美保の岬で漁をしていたところにやってきた天の鳥船の神に呼び出され、大國主に「国を譲るべきだ」と答えた。そして、船を踏み傾け、天の逆手を打って青柴垣にうち成して、入水した。