ニニギ

天照大神の命で天降した皇室の祖神

別称

瓊瓊杵尊・瓊々杵尊・邇邇芸命(ににぎのみこと)・天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命・天邇岐志・国邇岐志・天日高日子・天饒石国饒石天津彦火瓊瓊杵尊・天津日高彦瓊瓊杵尊・彦火瓊瓊杵・火瓊瓊杵

系譜

天照大神の子である天忍穂耳尊と、高皇産霊尊の娘である栲幡千千姫命の子。大山祇神の娘である木花之開耶姫を妻とし、火照命(海幸彦)、火闌降命(火須勢理命)、彦火火出見尊(山幸彦)が生まれた。埋葬地は、鹿児島県薩摩川内市の新田神社の「可愛之山稜」。

神話

大国主からの国譲りの後、天照大御神の命により、葦原中国を統治するために高天原から「竺紫の日向の高千穂の久士布流多気(くしふるだけ)」に降りた。

信仰

農業の神

主な神社

霧島神宮
新田神社