オオクニヌシ

大黒様として親しまれる国土開拓の神

別称

大名持神(おおなもち)とも呼ばれるように、多くの別称を持つ。
大国主神・大國主大神・大穴牟遅神(おおなむぢ)・大穴持命(おおあなもち)・大己貴命(おほなむち)・大汝命(おほなむち)・大名持神(おおなもち)・国作大己貴命(くにつくりおほなむち)・八千矛神(やちほこ)・葦原醜男・葦原色許男神・葦原志許乎(あしはらしこを)・大物主神(おおものぬし)・大國魂大神(おほくにたま)・顕国玉神・宇都志国玉神(うつしくにたま)・伊和大神(いわおほかみ)・所造天下大神(あめのしたつくらししおほかみ)・幽冥主宰大神 (かくりごとしろしめすおおかみ)・杵築大神(きづきのおおかみ)

系譜

日本書紀本文では、スサノオの息子。古事記、日本書紀の一書や新撰姓氏録ではスサノオの六世の孫。あるいは七世の孫。スセリビメ、ヤガミヒメ 、ヌナカワヒメ、タキリビメ 、カムヤタテヒメ、トリトリ等を妻とし、子供は180柱とも181柱とも言われる。

神話

スサノオの後に、スクナビコナと協力して国土を開発したが、高天原から国譲りを要請され、幽冥界の主、幽事の主宰者となった。古事記における「因幡の白兎」の話は有名。

信仰

出雲大社の主祭神として有名。国造りの神、農業神、商業神、医療神、武神、軍神であるが、現代では縁結びの神として信仰されている。

主な神社

出雲大社
大神神社

古事記(大國主の神・大穴牟遲の神・葦原色許男の神・八千矛の神・宇都志國玉の神・大物主)

系譜

  • 建速須佐男の子・八島士奴美が木の花知流比賣を妻とし布波能母遲久奴須奴の神を生み、この神が日河比賣を妻として深淵の水夜禮花の神を生み、この神が天の都度閇知泥を妻として淤美豆奴の神を生み、この神が布帝耳の神を妻として天の冬衣の神を生み、この神が刺國若比賣を妻として大國主の神が生まれた。

菟と鰐

  • 稲羽の八上比売と結婚しようとしていた兄弟八十神に荷物を背負わされ、従者として気多の前を通りかかった。
  • 八十神にだまされ痛み苦しんでいた菟に皮を剝がれた事情を聞き、対処法を教えた。
  • その稲羽の素菟は、大國主こそが八上比売と結婚するのだと予言した。

キサ貝比賣と蛤貝比賣

  • 八上比売は大穴牟遲と結婚すると言ったので、八十神は大穴牟遲を殺そうと話し合った。
  • 伯岐の国の手間の山本で、猪に似せた焼石を抱かされて死んだ。
  • 御祖の命が神産巣日の命に泣きつき、キサ貝比賣と蛤貝比賣が派遣され、復活した。

根の堅州國

  • 八十神はまた謀って、大樹を切り伏せ、うち殺した。
  • 御祖の命に救い出され、木の國の大屋毘古の神のもとに遣られたが、八十神に追いつかれて矢を刺された。
  • 御祖の命は、「須佐の男の命のいらっしゃる根の堅州國へ行って相談しなさい」と助言した。
  • 根の堅州國で、建速須佐男の娘・須勢理毘賣と結ばれた。須勢理毘賣に大穴牟遲を紹介された建速須佐男は、蛇の室・呉公と蜂の室に入れるという試練を与えたが、須勢理毘賣の力を得て乗り切った。
  • 建速須佐男に鳴鏑を取ってくるように命じられた時、野に火を放たれて窮地に陥った。しかし、鼠の知恵で穴に隠れて助かった。
  • 死んだと思っていた大穴牟遲が帰ってきたため、建速須佐男は八田間の大室に招き入れ、頭の虱(実は呉公)を取るように言った。
  • 呉公を取る大穴牟遲を可愛いやつだと思い眠ってしまった建速須佐男であったが、その間に大穴牟遲は須勢理毘賣を連れて逃げ出した。黄泉比良坂まで追って来た建速須佐男は、「兄神を討って大國主となり、宇都志國玉の神となって、須世理毘賣を嫡妻として、宇迦の山の山本に巨大な宮殿を建てろ」と言った。

八千矛の神の歌物語

  • 高志の國の沼河比賣と結婚しようとして歌をよんだが、返歌を受けてその夜はあきらめ、次の日の夜結ばれた。
  • 正妻・須勢理毘賣の命が嫉妬したため、出雲から倭の国に上ろうとした時に慰めの歌をよんだ。それを受けて、須勢理毘賣は受容の歌を返した。

系譜

少名毘古那の神

  • 出雲の美保の岬にいた時に海から来た神があり誰も素性を知らなかったが、久延毘古に尋ねると「神産巣日の神の御子・少名毘古那の神」だと答えた。
  • 神産巣日の神に伝えると、「兄弟として国を作りかためよ」と言われた。国を作りかためた後、少名毘古那の神は常世の国に渡って行った。

御諸の山の神

  • 少名毘古那の神が去って後、独りでどうやってこの国を治めていこうか嘆いていると、海を照らしながら来る神があった。
  • その神が、「自分を祀れば国はよく治まる」と言ったので倭の青垣の上、三輪山に祀った。

天若日子

  • 豐葦原の千秋の長五百秋の水穗の國を治めさせようと天照大御神に送られた天の菩比の神を抱き込んで、3年たっても帰さなかった。
  • かわりに送り込まれた天若日子に、娘・下照る比賣を娶わせて8年たっても帰さなかった。

国譲り

  • 天照大御神に送り込まれた建御雷の男の神と天の鳥船の神に、出雲の國の伊耶佐の小濱で会い、国を明け渡すように迫られた。
  • 御子・八重言代主の神に返答を任すと、「国を譲るべきだ」と言って入水した。
  • 2神に再び迫られると、「建御名方の神が答える」と言った。
  • 建御名方の神が屈すると大国主も国譲りを認め、八重言代主の神をたてて八十神をまとめることを提案した。そして、出雲の國の多藝志の小濱に立派な宮殿を建てさせた。

神武天皇

  • 勢夜陀多良比賣が大便をしている時に、美和の大物主の神は、丹塗矢になって陰部を突いた。
  • その矢を持って床に置くと美男になって、勢夜陀多良比賣と結ばれた。
  • 生まれた伊須氣余理比賣は、神武天皇の適后となった。

崇神天皇

  • 崇神天皇の御世に疫病が流行ったが、夢に大物主が現れ、意富多泥古に自分を祀らせたなら国は安らぐと告げた。
  • 崇神天皇は、探し出した意富多泥古を神主として、三輪山に祀らせた。
  • 意富多泥古は、大物主が活玉依毘賣との間にもうけた子に連なる系譜をもっていた。
  • 活玉依毘賣は、素性も知らない美男との間に子をもうけた。それを怪しんだ父母の知恵で、相手は三輪山の神であることが分かった。

垂仁天皇

  • 御子・本牟智和氣が物を言わなかったが、天皇の枕もとに出雲の大神が現れ、「天皇の御舎のように宮を修理したなら話すようになる」と言った。