サルタヒコ

赤鼻の天狗として描かれる先導の神

別称

猿田毘古神・猿田毘古大神・猿田毘古之男神・猿田彦命

系譜

伊勢国の五十鈴川の川上の国津神。アメノウズメを妻とする。

神話

ニニギの天降の際、天の八衢に立って待ち受け、葦原中国まで先導した。最後は、伊勢の阿邪訶で漁をしていた時に比良夫貝(ひらふがい)に手を挟まれて溺れた。

信仰

道の神、旅人の神であり、道祖神と同一視され、塞の神・道祖神が「猿田彦神」として祀られている。

主な神社

椿大神社
猿田彦神社