スサノオ

ヤマタノオロチを退治した英雄神

別称

建速須佐之男命(古事記)・素戔男尊・素戔嗚尊等・須佐乃袁尊・神須佐能袁命・須佐能乎命・櫛御気野命・熊野坐大神・家都美御子大神

系譜

イザナギが阿波岐原で禊を行った際に、アマテラス(左目)、ツクヨミ(右目)とともに鼻から生まれた三貴神。ヤマタノオロチから救い出したクシナダヒメらを妻とし、オオクニヌシらを儲ける。

神話

古事記では夜の食国を支配するようにイザナギから告げられるが、母神イザナミの根之堅洲国へ行きたいと言ってイザナギを怒らせ、高天原のアマテラスを頼る。そこで粗暴をはたらいて追放され、出雲に降り立った。出雲でヤマタノオロチを退治したスサノオは、英雄神となる。

信仰

祇園信仰で有名。

主な神社

氷川神社
熊野大社
八坂神社
須佐神社

古事記(建速須佐男)

身禊

  • 黄泉の国から逃げ帰った伊耶那岐が、竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原で身禊を行った時、天照大御神月讀とともに生まれた。建速須佐男は、最後に鼻を洗ったときに生まれた。
  • 伊耶那岐に「海原を治めよ」と言われたが、母神伊耶那美がいる根の堅洲國に行きたいと泣き叫んだため、追放された。

誓約

  • 天照大御神に助けを請うために高天の原に向かったが、天照大御神が国を略奪されるのではないかと疑念を抱いたため、証しをたてるため誓約を行った。
  • 誓約はまず、天照大御神が建速須佐男の剣をもとに宗像三女神を生んだ。次に建速須佐男は、天照大御神の珠をもとに五柱の男神を生んだ。天照大御神は、五柱の男子は自らの子、三女神は建速須佐男の子であると言った。

天の岩戸

  • 誓約の結果を受け、建速須佐男は、「心が清く明るいため、自分は女神を生んだのだ」と勝利宣言し、高天の原で暴れまわった。
  • 建速須佐男の横暴に天の衣織女が驚いて死んだのを受けて、天照大御神は天の石屋戸に籠り、建速須佐男は八百萬の神に追放された。

蚕と穀物の種

  • 食物を大氣都比賣に求めたところ、鼻口尻より取り出したため、殺した。殺した大氣都比賣の身体から蚕と穀物がなり、神産巣日御祖の命が種と成した。

八俣の大蛇

  • 追放されてから、出雲の國の肥の河上の鳥髮に降り立つと、箸が流れてきたため河上に行った。そこで八俣の大蛇の話を聞き、櫛名田比賣が次に食われてしまうことを知った。
  • 建速須佐男は、櫛名田比賣をもらい受けることを条件に一計を案じ、八俣の大蛇を八鹽折の酒で酔わせて、十拳の剣で切り殺した。
  • 八俣の大蛇の中の尾を切ると、都牟羽の大刀(草薙の大刀)が出てきたため、天照大御神に贈った。
  • 出雲の國の須賀に宮をつくった時に、雲が立ち騰ったため、

    や雲立つ 出雲八重垣 妻隱みに 八重垣作る その八重垣を

    と歌を詠んだ。そして、櫛名田比賣の父・足名椎の神を呼んで宮の首にした。

系譜

  • 櫛名田比賣を妻として、八島士奴美の神を生んだ。神大市比賣を妻として、大年の神宇迦の御魂を生んだ。大國主は、八島士奴美の系譜に連なり、建速須佐男の6世孫にあたる。

根の堅州國

  • 大穴牟遲が八十神に殺されると心配した御祖の命は、大穴牟遲に「須佐の男の命のいらっしゃる根の堅州國へ行って相談しなさい」と助言した。
  • 大穴牟遲は、建速須佐男の娘・須勢理毘賣と結ばれた。須勢理毘賣に大穴牟遲を紹介された建速須佐男は、蛇の室・呉公と蜂の室に入れるという試練を与えた。
  • 鳴鏑を大穴牟遲に取ってくるよう命じ、野に火を放った。鼠の力を得て助かった大穴牟遲を、八田間の大室に招き入れ、頭の虱(実は呉公)を取るように言った。
  • 呉公を取る大穴牟遲を可愛いやつだと思い眠ってしまった建速須佐男であったが、その間に大穴牟遲は須勢理毘賣を連れて逃げてしまった。黄泉比良坂まで追って行ったが、そこで「兄神を討って大國主となり、宇都志國玉の神となって、須世理毘賣を嫡妻として、宇迦の山の山本に巨大な宮殿を建てろ」と言った。