年神

毎年正月にやってくる来方神

別称

御年神・お歳徳(とんど)さん・正月様・恵方神・大年神・大歳神・年殿・トシドン・年爺さん・若年さん

系譜

スサノオと神大市比売の間に生まれた。御年神など多くの神の父となった。

神話

大地主神(おおとこぬしのかみ)の田の苗が御年神の祟りで枯れそうになったので、大地主神が白馬・白猪などを供えて御年神を祀ると苗は再び茂った。(古語拾遺)

信仰

来方神(現在でも残る正月の飾り物は、年神を迎えるためのものである。門松は年神が来訪するための依代であり、鏡餅は年神への供え物。)・穀物神・祖霊・年徳神

主な神社

葛木御歳神社