ツクヨミ

アマテラスとともに生まれた夜を統べる神

別称

月読命・ツキヨミ・月神・月弓尊・月夜見尊・月讀尊・月余美

系譜

イザナギが阿波岐原で禊を行った際に右目から生まれた、三貴神の第二神。夜の食国の統治を委託された。

神話

天照大神から保食神と対面するよう命令を受けたが、口から飯を出した保食神に対し「けがらわしい」と怒り、刺し殺してしまう。保食神の死体から牛馬や蚕・稲などが生れ、これが穀物の起源となった。月夜見尊の凶行を知った天照大神は怒り、日と月とは一日一夜隔て離れて住むようになった。

主な神社

月讀神社

古事記(月讀の命)

身禊

  • 黄泉の国から逃げ帰った伊耶那岐が、竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原で身禊を行った時、天照大御神建速須佐男とともに生まれた。月讀の命は、天照大御神の次に右目を洗ったときに生まれた。
  • 伊耶那岐に「夜の食國を治めよ」と言われ、従った。