アメノウズメ

日本最古の踊り子とも言われる芸能の神

別称

天宇受賣命・天鈿女命・強女・宮比神(ミヤビノカミ)・大宮売神(オオミヤノメノカミ)・

系譜

神話

アマテラスの岩戸隠れの際、岩戸の前で踊り、アマテラスの注意をひいた。
天孫降臨の際には、五伴緒の一人としてニニギに随伴し、道中にいたサルタヒコに立ち向かい、素性を問い質した。その後、サルタヒコの妻となった。

信仰

芸能の神・技芸全般の神・福の神・猿女君、稗田氏の祖神。

主な神社