熊野大社(島根県松江市)

◆ 終わりと始まりの交差点

 神無月の出雲に取材に連れ立った時、誰もが訪れる出雲大社に、まっすぐに向かうものだと思い込んでいた。けれども彼女は、
「そこには、出雲大社の上に立つ神社があるから」
熊野大社八雲橋と言って、松江駅前で八雲行のバスを探した。そのバスは、ゆっくりと山の中へと走り出し、約30分で終点に到着。さらに、そこで小さなバスに乗り換えて、また30分揺られることに。彼女は、「熊野大社」というアナウンスにボタンを押す。
 馴染みの熊野大社は南海の古道に鎮座するが、関係を問うと、
「今はまだ語る時ではないわ」
と不思議な笑みを浮かべて、よく揺れたバスを降りた。

 目の前には、赤い欄干を持つ八雲橋が架かっていた。その向こうには立派な鳥居が聳え立ち、間から大社造の社が見える。彼女はそちらに歩を進め、鑽火祭の話をしてくれた。
 その祭事は、10月15日に執り行われる。出雲大社で用いられる鑽火のための神器を貸し出すためのもので、「ひつぎ」とも呼ばれる重要な神事。全国の神々が集結する出雲大社での新嘗祭も、これがなければ始まらない。

 さて、熊野大社には、三貴神の一柱・スサノオが祀られている。ここでの御祭神名は、加夫呂伎熊野大神櫛御気野命(かぶろぎくまののおおかみくしみけぬのみこと)。出雲と言えばオオクニヌシのイメージがあるが、スサノオこそが出雲の祖神であり、出雲で広く信仰されている神でもある。今でこそ出雲大社の御祭神はオオクニヌシであるが、かつてはスサノオだったこともあったのだとか。
 そのスサノオの本拠地がこの熊野の地であり、ここに発する意宇川に沿って、活躍のあとともいえる古代遺跡が林立している。そこを彼女は、「終わりと始まりの交差点」と呼び、僕を誘ったのである。

 「熊野」とは、魂が帰り着く場所のことで、「熊」は「隈」に通じ、隠れる意を含む。スサノオは、熊野大社の元宮である熊成峯(天狗山)から根の国に入ったと日本書紀に記されている。伝承では、そこから柏葉に導かれて日御碕の隠ケ丘に籠られたという。
 ちなみに、熊成峯を水源とする意宇川の下流には、黄泉との境である「神蹟黄泉比良坂伊賦夜坂伝説地」がある。つまり熊野とは、スサノオが、母であるイザナミを求めて行きついた「黄泉の国」である。

 その黄泉の国でのスサノオの事績が、出雲国風土記では八束水臣津野(やつかみづおみつの)の物語として記されている。その中の有名な国引き神話を取り上げた彼女は、国引きにより国を拡げた八束水臣津野が、最後に「おゑ」と声を張り上げたことを教えてくれた。
「なるほど、『終え』の語源ですね」
と納得すると彼女は、少し不満な色を瞳に宿し、
「タスクは終了してもそれが始まり」
と真面目な顔をして、面白いことをぽつりと言った。この「おゑ」は、「アーメン」や「オーム」につながる聖音なのだと。その効果を問えば彼女は、
「境でしか発してはならない発動の響き」
と答えて笑うのみ。それ以上のことは聞き出せない…

熊野大社(くまのたいしゃ)DATA

【御祭神】加夫呂伎熊野大神櫛御気野命(素戔嗚尊)
【別称】日本火出初社・出雲國一宮・熊野坐神社・熊野大神宮・熊野天神宮・熊野荘伊勢宮・伊勢社・熊野天照太神宮熊野大社本殿
【社格等】延喜式内社(名神大社)・国幣大社(大正5年)・別表神社・出雲国一宮
【創建】神代
【主な祭典】10月14日(例大祭)・10月15日(鑽火祭)
【摂末社】稲田神社(櫛名田比売命・足名椎命・手名椎命)・伊邪那美神社(伊邪那美命)・荒神社(素戔嗚尊)・稲荷神社(倉稲魂神)
【見どころ】本殿 (1948年造営)・鑽火殿(1915年造営)・熊野銅鐸(県立八雲立つ風土記の丘に寄託)
【場所】島根県松江市八雲町熊野

ヤマタノオロチを退治したスサノオが、宮地を定めて鎮まった宮。社殿は、斉明天皇5年(659年)に斉明天皇の勅命により天狗山の山頂に造営したのがはじまり。貞観9年(867年)には正二位を賜り、出雲大社よりも神階が上位にあった。出雲国における名神大社は、杵築大社(出雲大社)と熊野坐神社(熊野大社)のみであり、ともに出雲國一宮とされる。
鑽火祭はもともとは亀太夫神事と呼ばれ、百番の舞が舞われるが、その間「すめ神をよき日にまつりし明日よりはあけの衣をけ衣にせん」の神唄が繰り返される。

⇒ 熊野大社ホームページ

【おすすめの宿】松江しんじ湖温泉 皆美館
明治21年創業以来、皇族をはじめとして、小泉八雲や川端康成ら、多くの文人に愛されてきた「皆美館」は、宍道湖を臨む大橋川沿いに建つ。そこは松江の中心でもあり、表に出れば京店の商店街。勾玉などを削り出す、めのう細工の老舗「川島」の実店舗も近い。そこを抜ければ、シックな夜の街が伸びている。熊野大社へは、八雲行バスが通る最寄りのバス停・大橋北詰まで歩いて5分。そこからスタートする。