走水神社(神奈川県横須賀市)

◆ 愛に捧げた命

 毎年必ず参拝に訪れる神社なのだと、彼女は言った。穏やかな東京湾を左手に見ながら南下し、観音崎の手前で右折。
走水神社の弟橘媛命の記念碑 走水神社は、ヤマトタケルの事績を保ち、美しい女性の辞世を伝え続ける神社である。

 そこより入り幸でまして、走水の海を渡ります時に、その渡の神、浪を興てて、船を廻して、え進み渡りまさざりき。ここにその后名は弟橘比売(オトタチバナヒメ)の命の白したまはく、「妾、御子にかはりて海の中に入らむ。御子は遣さえし政遂げて、覆奏まをしたまはね」とまをして、海に入らむとする時に、菅畳八重、皮畳八重、絁畳八重を波の上に敷きて、その上に下りましき。ここにその暴き浪おのづから伏ぎて、御船え進みき。ここにその后の歌よみしたまひしく、

  さねさし相摸の小野に燃ゆる火の 火中に立ちて問ひし君はも

 かれ七日の後に、その后の御櫛海辺に依りき。すなはちその櫛を取りて、御陵を作りて治め置きき。(古事記)

 これは、ヤマトタケル東征に関わる伝承。海を渡ろうとして渡しの神の妨害にあった時、妻のオトタチバナヒメ(弟橘媛)が身代わりとなって海に飛び込んだというものである。ここに、
「相摸で火責めに遭われたあなたは、火の中にあっても、私のことを思って声をかけて下さった…」
という内容の、辞世のはじめとも言われる和歌が歌われる。そして、この和歌を遺した七日後に、弟橘媛の御櫛が海岸に流れ着いたのだ。
 その櫛を納めて墓とした場所が、走水神社の北方三百メートルの御所ヶ崎だったという。かつては弟橘媛を祀る橘神社があったが、明治になって砲台となったために、ヤマトタケルを御祭神とする走水神社に合祀。今は、御本殿に夫婦で祀られている。

 古くは「奇し(くし)」に掛け、櫛は、神秘を宿すものだと考えられていた。よって、髪を梳かす道具としてよりも、大いなるものを祈念して、常に髪に挿しておくものであった。つまり、黄泉路に伴った湯津爪櫛(ゆつつまぐし)に見るように、呪物としての性質を有し、玉串のような神の依代としての役割を担ったのであろう。
 だが、「くし」の響きが導き出すものは、意に沿った都合のいいものばかりではない。まことに「奇」なるもので、「櫛」は別れをもたらす贈り物だとも言われている。

 おそらく、走水の浜辺に流れ着いた櫛は、ヤマトタケルから弟橘媛に贈られたもの。この物語を故事の譬え話としてとらえるなら、敵方に謀略でもってもぐり込んだ弟橘媛は、手にした櫛で敵将を突き殺して果てたのであろう。

 本殿の裏に廻ると、かつて「走水の海」と呼ばれた浦賀水道が飛び込んでくる。そして、明治四十三年に東郷平八郎・乃木希典らによって建立された、弟橘媛の歌を刻んだ記念碑が、遠い昔を忍ぶかのように陽を浴びて輝いている。
 近年、恋愛成就のパワースポットとして脚光を浴び、今では、参拝客がひっきりなしに柏手を打つ走水神社。彼女は、賑やかな人々を尻目に、身投げの浜から運ばれてきた砂を頂き、
「でもね」
と声を落として、
「祈りは犠牲を伴うことなの…」
と、遠い空を見上げて言うのだ…

走水神社(はしりみずじんじゃ)DATA

【御祭神】日本武尊(ヤマトタケルノミコト)・弟橘媛(オトタチバナヒメ)
【社格等】郷社走水神社
【創建】不詳
【主な祭典】10月15日(例大祭)
【摂末社】稲荷神社(豊受姫命・宇迦之御魂神)・須賀神社(須佐之男命)・神明社(天照大御神)・諏訪神社(建御名方神)・別宮(弟橘媛命に殉じた侍女)・水神社(河童大明神)
【見どころ】弟橘媛命の記念碑(弟橘媛命の今際の御歌が刻まれた明治43年6月5日建立の歌碑)・御砂倉(弟橘媛の社があった御所ヶ崎東海岸の御砂を安置し頒布されている)
【御利益】恋愛成就・縁結び
【場所】神奈川県横須賀市走水

享保年間の火災で、神社の記録が焼失したために、創建に関しては不詳である。社伝では、日本武尊が東征の折に御所ヶ崎に御所を建てられたという。走水の海を渡る段になって、日本武尊が自分の冠を村人に与えたところ、村人は冠を石櫃に納めて土中に埋め、その上に社を建てたという。これが、日本武尊を祀る走水神社の創建である。
明治18年には、軍用地となった橘神社が走水神社境内に移され、明治42年には日本武尊と合祀されるようになった。橘神社は、御所ヶ崎の弟橘媛の御陵にあった神社で、弟橘媛が祀られている。弟橘媛は、御所ヶ崎の「むぐりの鼻」に身を投じたと伝わる。

言霊の杜