あだ

見え透いた嘘も哀しき蓮浮葉

――― あだ ―――

胸に刻んだことでさえ
かたちを変えてあふれ出す

やるせなき風 あだの風
うつつに痛みひとつ残して
 そっと残して消えてゆく

そっと残して 消えてゆく

<歌>

蓮葉をまろびて水面うつしづく
波紋のこしつ霧雨の降る

miesuita usomokanashiki hasuukiha



munenikizannda kotodesae
katatiwokaete ahuredasu

yarusenakikaze adanokaze
ututuniitami hitotsunokoshite
sottonokoshite kieteyuku

sottonokoshite kieteyuku



hatisubawo marobiteminamo utushiduku
hamonnnokoshitu kirisamenohuru