睡魔

午後の陽ざしが遠のいて
街のあかりが肌寒い

あなた とても眠くなったの
なぜだかとても眠たいの

闇のような珈琲淹れて
苦い薬も飲んだけど

わたしはここで眠ってるから
眠りの森に漂ってるから

譬ひ遠くはなれていても
離ればなれになったとしても

<歌>

新緑も巡り紅葉づるあきにこそ
書き記し置く愛の言の葉

gogonohizashiga toonoite
matinoakariga hadazamui

anata totemonemukunattano
nazedakatotemo nemutaino

yaminoyouna kouhiiirete
nigaikusurimo nonndakedo

watashihakokode nemutterukara
nemurinomorini tadayotterukara

tatohitooku hanareteitemo
hanarebanareni nattatoshitemo



sinnryokumo megurimomiduru akinikoso
kakishirushioku ainokotonoha