イザナミ

日本国土を生み出した母神

別称

伊弉冉・伊邪那美・伊耶那美・伊弉弥・黄泉津大神・道敷大神・稜威母・熊野夫須美大神

系譜

神世七代の最後にイザナギとともに生まれ、イザナギを夫として、国産み、神産みを行った。日本国土を形づくった母神。

信仰

万物を生み出す神・創造神・海の神・製鉄の神

主な神社

比婆山久米神社
花窟神社

古事記(伊耶那美)

天地のはじめ

  • 天地開闢において、神世七代の最後に伊耶那岐とともに生まれた。

島々の生成

  • 天つ神に命じられ、伊耶那岐とともに国生み、神々の生成を行った。大八島の生まれた順は、①淡路 ②四国 ③隠岐 ④九州 ⑤壱岐 ⑥対馬 ⑦佐渡 ⑧本州

黄泉の国

  • 火の迦具土を生んだことにより黄泉の国へ行ったが、訪ねてきた伊耶那岐が逃げ去るほど醜い姿になっていた。
  • 逃げた伊耶那岐を追いかけ、黄泉比良坂で対峙し「一日に千人しめ殺す」と宣言した。対して伊耶那岐は、「一日に千五百の産屋を立てる」と応えた。