イザナギ

日本国土を生み出した父神

別称

イザナキ・伊弉諾・伊邪那岐・伊耶那岐・熊野速玉大神

系譜

神世七代の最後にイザナミとともに生まれ、イザナミを妻として、国産み、神産みを行った。日本国土を形づくった父神。

信仰

祓の神

主な神社

伊弉諾神宮

古事記(伊耶那岐)

天地のはじめ

  • 天地開闢において、神世七代の最後に伊耶那美とともに生まれた。

島々の生成

  • 天つ神に命じられ、伊耶那美とともに国生み、神々の生成を行った。大八島の生まれた順は、①淡路 ②四国 ③隠岐 ④九州 ⑤壱岐 ⑥対馬 ⑦佐渡 ⑧本州

黄泉の国

  • 火の迦具土を生んだことにより黄泉の国へ行った伊耶那美を訪ねたが、その醜くなった姿を盗み見て、逃げ去った。
  • 追いかけてきた伊耶那美と黄泉比良坂で対峙し、「一日に千人しめ殺す」と言う伊耶那美に対し、「一日に千五百の産屋を立てる」と言って別れた。

身禊

  • 逃げ帰った伊耶那岐は、竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原で身禊を行い、最後に三貴神(天照大御神月讀建速須佐男)を生んだ。
  • 三貴神にそれぞれ役割を与えた伊耶那岐であったが、言うことを聞かない建速須佐男を追放し、自らは淡路の多賀に籠った。