タギツヒメ

宗像三女神の一柱タギツヒメ

別称

タキツヒメ・多岐都比売命・湍津姫

系譜

アマテラスとスサノオの誓約により生まれたタギツヒメ。

神話

スサノオがアマテラスを訪問した際、スサノオの清明さを証明するために天真名井で行った誓約で、アマテラスがスサノオの剣を噛んで吹き出した霧から生まれた三女神の一柱がタギツヒメ。これによりスサノオは、「我が心清く明し。故れ、我が生める子は、手弱女を得つ。」と勝利を宣言した。

信仰

海の神。

主な神社

宗像大社(中津宮・諸説ある)

古事記(多岐都比売命・田寸津比売)

タギツヒメの系譜

タギツヒメの在所

  • 多紀理毘売の命は宗像の奥津宮に、市寸島比売の命は宗像の中津宮に、田寸津比売(タキツヒメ)の命は、宗像の辺津宮にますとある。宗像の君等が祀る三前(みまえ)の大神である。

日本書紀(湍津姫)

タギツヒメの系譜

  • 素戔嗚の十握(とつか)の剣を、天照大御神が三段に打ち折って、天の真名井に振り濯いで幾度も噛んで吹き出した息吹の中に、田心姫の次に生まれた。その次に市杵嶋姫。一書には、十握剣からオキツシマヒメ、九握剣からタギツヒメ、八握剣からタコリヒメが生まれたとされる。対して、スサノオの五百箇の瓊から五柱の男神が生まれたことから、スサノオは心が明浄いとして、勝利を宣言した。

タギツヒメの在所

  • 日神(アマテラス)の生んだ三柱の女神を筑紫の洲に降臨させて、「天孫を助け奉り、天孫のために祭られよ」とアマテラスより命じられた。一書に三柱の女神は、葦原中国の宇佐嶋に降臨させたともある。

タギツヒメを参拝に行こう


タギツヒメが祀られる宗像大社中津宮は、福岡県福岡市沖にある大島にある。2017年に世界遺産に認定され、神宿る島ともされる禁足の地・沖ノ島遥拝所もある島は、七夕伝説発祥の地とも言われている。福岡市の神湊港から船で30分。人口1000人足らずの穏やかな島には、神気が満ちている。
この大島を訪問するなら、渡船が出港する神湊港に近いロイヤルホテル 宗像(旧:玄海ロイヤルホテル)が便利。