タケミナカタ

諏訪大社に祀られる神

別称

建御名方神・南方刀美神(みなかたとみのかみ)・御名方富命・建御名方富命

系譜

大国主神と高志沼河比売神の御子神で、事代主神の弟神。

神話

建御雷神が大国主神に葦原中国の国譲りを迫った際、大国主神は御子神である事代主神と建御名方神が答えると言った。建御名方神が建御雷神の手を掴むと、建御雷神の手は氷や剣に変化し、建御名方神の手を握りつぶして投げ飛ばした。逃げ出した建御名方神は、科野国(信濃国)の州羽海(すわのうみ:諏訪湖)まで追いつめられ、この地から出ない旨と、大国主神・八重事代主神に背かない旨、葦原中国を天つ神の御子に奉る旨を約束した。

信仰

軍神・農耕神・狩猟神・風の神・冶金・製鉄の神。

主な神社

諏訪大社